« 東京ミラクル | トップページ | キョダイマックス »

2019年7月 5日 (金)

フレグモーネの末路

まだ若い繁殖雌馬。 フレグモーネになって、治療をしていたのだが自潰し、 包帯を巻いていたのだが、肉芽が増勢し、切除に来た。 もう外へ大きくなった肉芽だけでなく、他の太くなった皮下織にも結合織が増勢し、その中に微少な膿瘍ができている。 こうなっては完治はしない。 体の抵抗力が落ちたときに再発を繰り返す。 塊状の肉芽を切除し、焼きごてで止血した。 このように肉芽増勢した理由がsarcoid化なのかどうか、パピローマウィルス検査に出した。 ー 今年、初種付けして受胎している繁殖雌馬。 壁を蹴る馬で、後肢を腫らすことがあったのだそうだ。 それで、フレグモーネだとなって獣医師に診せるのが遅くなった。 抗生物質療法を10日間以上続けているが、自潰し、肢の形や蹄の動きもおかしい、とのことで来院した。 馬は、後肢は、球節を屈曲させると飛節と膝も屈曲する。そのとき、蹄関節も屈曲する。 こういう後肢の曲がり方、球節が屈曲しているのに蹄関節が伸展しているのは、屈腱の機能がおかしくなっているのだ。 腱鞘にも感染が起こり、屈腱が伸びるか切れるかしてしまったのだろう。 もうまともに歩けるようにはならないし、痛みも完治しない。 いずれ対側肢が蹄葉炎になったら立てなくなる。 あきらめることになった。 深屈腱は切れてはいないようだった。 屈腱腱鞘炎は起こしている。 種子骨靱帯も伸びてしまっているのだろう。 趾のメインの血管の中に大きな血栓ができていた。もう血行が途絶えていたはずだ。 - フレグモーネはこじらせると完治しなくなる。 よくある病態なのだが、致命傷になりうる病気だと思って治療・管理する必要がある。 ////////////// きのうは、午前中、競走馬の腕節骨折の関節鏡手術。去勢もいっしょに。 午後は、競走馬の腕節骨折の関節鏡手術。 競馬場にいるときから相談されていたので、私が執刀した。 夕方、繁殖雌馬の疝痛。 ひどく痛くて立っていられない。 夜間放牧のために昼過ぎに放したのだが、夕方たまたま疝痛しているのを発見できた、とのこと。 結腸捻転だった。 発見と決断が早かったので大丈夫だったが、危なかった。 手術が終わったのが7時過ぎ。 カルテを書きながら、つまむ夜食はサクランボ。 贅沢だな~ この繁殖雌馬、麻酔は覚めているのになかなか立ち上がろうとせず、 起きて入院厩舎へ移せたのは9時近かった。 激痛でのた打ち回ってへばっていたのだろう。

« 東京ミラクル | トップページ | キョダイマックス »

無料ブログはココログ